ゆらりんこ

金魚のこと(飼い方・病気や治療法・飼育アイテムなど)を投稿しています

【金魚 飼育】水温上昇で金魚も夏バテ!?水槽の暑さ対策

金魚が耐えられる水温は35度くらいまでといわれています。

金魚は水温が高くなると水面で口をパクパクさせる動作が増えることがあります。
高水温になると、水中に溶け込んでいる酸素の量が減って酸欠になりやすくなることが原因としてあるそうです。

以前飼っていた出目金も、朝は元気で食欲旺盛、昼は水面でダルそうにパクパクしていることがよくありました。

水面でパクパクするのは、餌がほしいの?と思えますが、夏場のパクパクは酸素不足の疑いがあります。

ひとつの水槽で数匹同居させていると、特に酸素不足が発生しやすくなります。

 

エアコンのない場所で金魚を飼育しているので、夏は水温が30度を超えてきます。

以前、暑さ対策で30.5度の高水温の水槽に凍らせたペットボトルを入れてみたことがあります。

水温は30分ほどで27.5度に、短時間で水温を2~3度ほど下げる効果があります。

暑さ対策になりそうですが、短時間での3度の水温変化は金魚の環境では急激な変化となり、バクテリアにも悪影響を及ぼすことになるそうです。
凍らせたペットボトルを入れても一時的に下がるだけで1時間後には上昇してしまいます。

夏場は水槽用の冷却ファンやクーラーを使ったり、日差しを遮るスダレやネットやカーテンをかけたりする対策があります。

老年の金魚にとって暑さは大敵です。酷暑・猛暑にならないでほしいのですが、今年も暑い、、、。

 

★おすすめアイテム★

エアーポンプに繋げて使う長さ60cmのエアレーションです。
小さな穴がたくさん空いていて泡が全体から放出されて酸素補給にピッタリです。自由に形を曲げて使えて、カーテンのように上がるキレイな泡が涼しさを演出してくれます。30cm・45cmもあります。