ゆらりんこ

旅行(旅のルート・アクセス)と、金魚のこと(飼い方・病気や治療法・飼育アイテムなど)を投稿しています

【金魚 産卵】追っかけは繁殖行動だった!飼いはじめて3週間のチビ金魚が産卵

4月から琉金3匹と和金3匹を飼いはじめました。
ゆらりゆらりと泳ぐ琉金3匹とは対照的に、和金3匹は追っかけっこをして元気いっぱい活発に泳ぎ回っていました。

飼いはじめて3週間程が経った朝、エサをあげようと和金水槽をのぞいてみたら、
びっくり!水槽は白く濁り底に小さな卵がボツボツと、、、。

和金が産卵していました。

まだチビ金魚だから追っかけっこが繁殖行動だったと気づかず、、、。

調べてみたところ、
1歳でも繁殖行動はあって、適齢期は2歳から、元気な金魚は8歳ぐらいまで産卵するそうです。
繁殖時期は年2回、春4月から梅雨開け頃までと秋9月下旬~10月中旬頃まで。
水温は18度~25度、水替えした次の日や雨が降る日に産卵しやすい傾向があり、早朝1時間くらかけて産卵することが多いようです。
1回の繁殖で約500個を産み、繰り返し産卵するとのことでした。
売っている金魚は1歳~2歳なので、繁殖期になれば産卵するようです。

和金1匹は産卵の途中だったので、水草を入れた洗面器を用意して3匹を移動。
洗面器で追尾行動を続けさせて、卵を全部産ませることにしました。

産卵が落ちついたところで、産卵していない2匹はリセットした本水槽へ戻し、産卵した1匹は金魚鉢へ移して、オスとメス別々に分けて飼うことにしました。

産卵が終わった洗面器をみると、底には無数の卵が落ちていました。
この卵、孵化するのでしょうか、、、。

 

★おすすめアイテム★

金魚の産卵に使える人工産卵藻です。
水草などの植物は枯れたり腐ったり管理が大変です。人口藻を備えておけば役立ちます。卵を産んだら人工産卵藻ごと移すことができます。